calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Twitter

アウル

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Twitter「つぶやく」ボタン
  • 2014.04.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ソニーとFIFA、3Dで撮影するワールドカップ25試合を発表

ソニーFIFAは4月8日、3D映像化するFIFAワールドカップの25試合(※)を発表した。これには、6月19日に行われる日本代表オランダ戦も含まれている。

 FIFAは、南アフリカヨハネスブルグのサッカーシティとエリスパーク、ダーバンケープタウンポートエリザベスの計5会場にソニー製マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-1500」14台(7セット)を導入。2台1組のカメラで3D映像を撮影する。また、撮影の際に生じるカメラ間の色味光軸などの映像のずれを解析・補正するためにソニー製マルチイメージプロセッサー「MPE-200」を使用する。

 撮影した25試合は、米国ESPNスペインSogecableなどが3Dで放送するほか、世界26カ国のデジタルシネマなどで3Dパブリックビューイングが行われる予定。そのほかの地域での放送に関しては、FIFAまたは放送局から順次発表されるという。

 また、25試合のダイジェスト版BDをソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)が2010年内に発売予定。また、その予告編を世界各地のソニーのショールームや直営店舗(約200店舗)など、約4000カ所で上映する。このうち日本国内は約500カ所となる。
Twitter「つぶやく」ボタン

スポンサーサイト

Twitter「つぶやく」ボタン
  • 2014.04.24 Thursday
  • -
  • 19:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック